policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

【竹島問題】日本・韓国の領土問題の争点や解決策はあるのかを解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「竹島問題」をご存知でしょうか。

「日本と韓国が揉めている領土問題」というイメージをお持ちの方は多いと思います。

今回は、竹島がなぜ日韓問題の1つになっているのか、そもそも韓国はなぜ領有権を主張しているのかを解説します。

目次

竹島の歴史

竹島は、2つの島とその周辺の小さな島々を合わせた総称です。

日本は数百年前から竹島を認識しており、漁獲地として利用してきました。

1600年代(江戸時代初期)には、江戸幕府が領有権を確立しています。

1905年に島根県の領土となり、竹島に関する当時の閣議決定の資料も残っています。

1900年代に入ると、日本は海外の多くの領土を併合・編入してきましたが、太平洋戦争に敗れたことでそれらの領土を失いました。

太平洋戦争終結後のサンフランシスコ平和条約において、日本は朝鮮の独立を承認しました。

同時に、放棄すべき地域に済州をはじめとする日本が放棄すべき領土についても規定されます。

一方で、竹島は放棄すべき領土には含まれていません。

竹島の領有権を主張した韓国に対し、アメリカは「竹島は歴史上、朝鮮の領土として扱われたことはない。これまで朝鮮が領有権を主張したことはない。」との回答を示し、韓国の訴えを却下しています。

しかし、韓国はこれを無視し、1952年より日韓の海の国境を定めました。

現在では韓国軍が竹島を実効支配しています。

こうした韓国の一連の国際法違反に対し、日本は再三にわたり国際司法裁判所の判断を仰ごうと提案していますが、韓国はこれを拒否しています。

内閣官房 領土・主権対策企画調整室|国際社会の法と秩序を尊重する日本の対応

竹島の領有権をめぐる両国の主張

日韓両国は何を根拠に領有権を主張しているのでしょうか。

日本の主張

日本は、国際条約を根拠に竹島の領有権を主張しています。

先ほども触れましたが、サンフランシスコ平和条約で竹島は日本の行政権を離れませんでした。

数百年に渡り支配し続けてきた領土の領有権を放棄する根拠がどこにもないため、日本固有の領土であると長年主張し続けています。

韓国の主張

対する韓国は、「李承晩ライン」を根拠としています。

当時の大統領の李承晩が定めた国境のことを指すのですが、国際的に認められたわけでも歴史的な根拠があるわけでもなく、韓国が自ら定めた国境です。

歴史上韓国は竹島の領有権を主張したことはなかったのですが、太平洋戦争後いきなり「竹島は韓国のものだ。」と主張しています。

また、韓国本土から近いという主張もしていますが、特定の島がどこに帰属するかを決定する上で本国との距離は考慮されないことは国際司法裁判所の判例から明らかです。

解決策はないのか

竹島の歴史と現状を解説しましたが、解決策はあるのでしょうか。

結論から申し上げますと、平和的な解決は非常に難しいです。

竹島の領有権を主張する韓国に対し、日本は国際法に従った平和的な解決を目指しています。

竹島および領海内での活動があるたびに抗議してきました。

1954年、竹島の領有権はどちらにあるのかを国際司法裁判所(ICJ)に付託することを韓国へ提案しましたが、韓国側は「領土問題は存在しない。」としてこれを拒否しました。

国際司法裁判所は、訴えに対し両国の合意がなければ審議を開始しない仕組みとなっています。

そのため司法の場に進めず、こう着状態となっているのが現状です。

まとめ

竹島は、日本固有の領土です。

自国の領土が他国に支配されている状況に無関心にならず、平和的な解決を求め続けることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる