policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

【ナポレオン法典】英雄ナポレオンの内政〜フランス銀行を創設〜

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ナポレオンは数々の戦いに勝利し一時代を築き上げましただけでなく、国の代表として国内の制度を改革しました。
その中でも有名なのは「ナポレオン法典」と呼ばれる民法典の編纂と、フランス銀行の創設です。

ナポレオン・ボナパルトはフランス国内の混乱に終止符を打ちヨーロッパ大陸の大部分を支配するなど、ヨーロッパに一時の「フランスの時代」をもたらしました。

彼の功績は200年経った今でも色褪せることなく語り継がれています。

ナポレオンと聞くと、どうしても革命や戦争という言葉と結びつくことでしょう。

彼の国内における政策もまた、後世に大いに影響を与えているのです。

目次

「ナポレオン法典」の編纂

彼が最も後世に影響を与えた政策は、1804年3月のフランス民法典の編纂です。

全2281条からなるこの法典は、伝統と革命の成果を調和させフランスを法的に安定させました。

私有財産の不可侵、家族の尊重、契約の自由、国家の世俗性・法の下の平等などの原則を定めたフランス革命で市民が勝ち取った近代市民社会の法原理を確認したという点でも、大いに意義があるとされています。

有名なのはこの民法典ですが、ナポレオンは1806年の民事訴訟法典、1807年の商法典、1808年の刑事訴訟法典、1810年の刑法典の編纂にも携わっているのです。

この民法典は、ヨーロッパ諸国の民法典のひとつの規範となりました。

失脚後のナポレオンは「余の栄誉は40回に及ぶ戦勝ではない。永遠に残るのはこの民法典である。」と言ったとされています。

フランス銀行を創設し財政を安定化

第一統領となったナポレオンは国内経済を安定させる政策に着手しました。

1800年にフランス銀行を民間銀行として創設し、ボナパルト家やシェイエスが大口の投資家となります。

当初は民間銀行でしたが、2003年には中央銀行としての地位を得ました。

フランス銀行の創設はフランスの経済発展に大きく貢献したと言われています。

1998年にEUの欧州中央銀行制度が適用されるまでフランス銀行が中枢としての役割を果たしました。

まとめ

このように、ナポレオンは政治家としてフランスの諸制度を改革しました。

現在私たちにとっては「当たり前」の制度の基礎を作ったことは間違いありません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる