policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

【氷河の後退】地球温暖化の影響は世界各地で起きている

URLをコピーする
URLをコピーしました!

キーワード解説:氷河の後退

20世紀末から、環境問題が世界的な社会問題となっています。
特に、地球温暖化などが原因で各地で氷河の後退、減少が深刻です。南極、北極に限らず、人が住む陸地に囲まれたアルプス山脈やヒマラヤ山脈でも危惧されているのです。

目次

地球温暖化による氷河の後退

20世紀から21世紀初頭にかけての気候変動が、氷河の後退(減少)をもたらしていると考えられています。

1994年以降、地球全体で28兆トンもの氷河が消えたとするデータもあるほどです。

地球温暖化と氷河の後退に対する研究は様々な研究機関や学者が行なっていますが、中には「90%以上の確率で人間の活動が原因で起きた気候変動が原因だ」とする研究結果も存在します。

氷河の後退がもたらす気候変動の明確な証拠(nature asia)
1994年以降、28兆トンもの氷が地球上から消えていた —— 研究者は温暖化が原因と指摘(BUSINESS INSIDER)

深刻なアルプス山脈の氷河融解

氷河と聞くと北極南極をイメージするでしょう。

しかし、深刻な氷河の減少はヨーロッパのアルプス山脈でも起きています。

気温の上昇によって山の斜面に存在する氷河が溶けると、雪崩を引き起こす可能性があります。

地滑りや洪水によってインフラが崩壊することはもちろん、近くにできた湖やアルプス山脈から流れる川の水位が上昇し決壊する恐れもあるのです。

そうなれば、下流の集落にも当然影響が出ますし、今後住めなくなる土地が増える増えるかもしれません。

氷河の減少は、観光業にも影響を与えます。

アルプス山脈には全長20kmを超えるヨーロッパ最大の氷河アレッチ氷河があります。

2001年には世界遺産として登録されるほど見るものを魅了するこの氷河ですが、20世紀の100年間で約2km縮小しました。

さらには、気候変動による氷河の後退を受け、観光客の安全面を考慮してアルプス山脈の登山道のルートを一新しました。

このように、アルプス山脈の観光で生計を立てている自治体や会社は、環境が変化するたびに戦略を練り直しているのです。

しかし、今後の環境の変化は彼らの努力では太刀打ちできないほど目まぐるしいものになる可能性もあります。

氷河の後退 高まるアルプスの危険と新たな観光の展開(SWI swissinfo.ch)
20世紀における地球温暖化と氷河の消長(国立環境研究所 地球環境研究センター)

世界最大の山脈「ヒマラヤ山脈」の氷河

8,000m級の山々が連なるヒマラヤ山脈でも氷河の後退が進んでいます。

国連環境計画(UNEP)の報告は、氷河の後退による湖や河川の決壊が甚大な被害をもたらす恐れがあると結論づけています。

ヒマラヤ山脈沿いの44の湖で起きている急速な水位の上昇が10年以内に決壊につながる可能性があると指摘しています。

インダス川ガンジス川メコン川長江黄河などアジアを流れる大河川の水源であるヒマラヤ山脈の氷河の後退は、様々な生態系にも影響を与えかねません。

小さな河川沿いに住む人口も合わせると20億人に登り、世界人口の4分の1がこの巨大な山脈の恩恵を受けています。

気候変動をはじめとする環境の変化がこんなにも大勢の人々の生活と結びつくのです。

温暖化と氷河の後退
国連報告書:ヒマラヤの氷河溶解により洪水と水不足の恐れ(日刊 温暖化新聞 アーカイブ)

最後に

氷河の後退による地球環境への影響は計り知れません。

このままの生活を続けていたら子どもたちの代が「壮大な雪山の美しさを目にすることができない」「○○の魚を知らない」という悲しい未来がきてしまうかもしれません。

私たち一人一人が深刻な「環境問題」と向き合うべき時がきているのです。

あわせて読みたい
【京都議定書】温室効果ガス削減目標を定めた国際条約を解説
【京都議定書】温室効果ガス削減目標を定めた国際条約を解説キーワード解説:京都議定書京都議定書は、1997年に採択された気候変動に対する世界的な取り組みのための国際条約です。先進国のみが対象であったことや大国アメリカが...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる