policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

夫婦の新しい幸せの形?DINKsを徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!


皆さんは、『DINKs』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、「Double Income No Kids」の略称であり、新しい夫婦の形を表現する言葉として現在浸透していっています。

今回は、そんなDINKsに関して解説していきます。

目次

DINKsとは?

DINKsの概要や、日本におけるDINKsの普及状況などを解説していきます。

「子供を持たない」という選択

DINKsとは、結婚後何らかの理由で子供を持たない共働きの夫婦や、その価値観をさす言葉です。

DINKsは、意図して子供を作らない、子供を持たないという価値観を持った夫婦を表す言葉なので、結婚して日が浅く子供を持たない夫婦や、子供は欲しいが、事情があって子供を持つことができない夫婦はDINKsに含まれない、とされています。

日本におけるDINKs(子なし家庭)の割合

日本における子供を持たない夫婦の割合は、約30%程度と言われています。

全ての世帯が「子供を持たない」という価値観を持っているかどうかは分かりませんが、結婚しているカップルの3組に1組は子供を持たずに「夫婦」として立派に家庭を営み、人生を楽しんでいます。

DINKsの関連用語

昨今はこうした新しいスタイルを表現する言葉が多く登場していて、このDINKsに関連する言葉としては

  • Wham’ers(work at home mom) – 在宅ワークで仕事をする母親
  • Sahm’ers(stay at home moms)-専業主婦
  • DEWKs(Double Employed With Kids) – 子供を持つ共働き夫婦でDINKSの対比表現
  • ヤッピー(yuppie、young urban professionals) – 大都市圏で働く若い世代(30代前後)の専門職

などがあります。

DINKsのメリット

では、この子供を持たない夫婦のあり方にはどのようなメリットがあるのでしょうか?解説していきます。

自由なキャリア設計

子供を持たない事で、夫婦の自由なキャリア形成が実現できるでしょう。

特に女性にとって、育児がキャリア形成の障害となってしまう事も少なくありません。

仕事を通して、社会に何かを実現したいカップルにとっては、DINKsであることは魅力かもしれません。

夫婦・個人の時間が持てる

子供を持たない事で、夫婦同士でデートをしたり、旅行に行ったり。あるいは個人的な趣味に没頭する時間が持てるでしょう。

子供を作ってしまうと、育児に時間を割かなければいけないのはもちろんのこと、教育費や衣食住にかかるお金も子供の分だけかかります。個人的な時間を楽しみたいカップルにも、DINKsは魅力かもしれません。

経済的余裕ができる

子供をもたなければ、経済的な余裕は出てくるでしょう。

仮に夫婦の手取りが毎月20万円づつだったとして、収入が40万円。

出費の総額が20万円だったとして毎月の貯蓄額は20万円です。これを一年続ければ240万円。

30年続ければ7200万円の貯蓄ができることになります。

今後年金が受け取れない、とまことしやかにささやかれる昨今、将来のことも考えて経済的余裕が欲しいカップルにもDINKsは魅力的でしょう。

老後支え合えるパートナーがいる

子供は持ちたくないけど、心から愛するパートナーと添い遂げたいと思うカップルにもDINKsは支持されています。

キャリアの全力を注ぎたい人にとっても、経済的余裕が欲しい人にとっても、それをそばで支えてくれるパートナーの存在はとっても重要で、大切な存在であることでしょう。

DINKsのデメリット

では、逆にDINKsにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

デメリットとしては、

  • 離婚しやすい
  • 不倫・浮気が起きやすい
  • 老後の生活の不安

といったものがあげられます。

子供を作らないデメリットを把握した上での選択をお勧めします。

DINKsにならざるを得ない夫婦も…

経済的理由や、年齢的な問題を考えると子供を諦めざるを得ず、本当は子供が欲しいけど、DINKsになるという選択をせざるを得なかった夫婦も一定数いると言われています。

特に、昨今老後資金2000万問題などに代表されるように、経済的理由から将来に不安を抱えライフプランの変更を余儀なくされるというのは、当事者にとっては悩ましい問題かもしれません。

夫婦のあり方はもっと自由に

DINKs:「子供を持たない共働き家庭」は今日、広く受け入れられていっています。

一昔前は「男は仕事、女は家庭」という考え方が支持されていましたが、今日そうした価値観は大きく変わってきています。

夫婦のあり方はもっと自由に。誰もが自分だけの幸せを追求できる社会を実現するには、こうした新しい文化を積極的に受け入れていく姿勢が重要になってくるでしょう。

あわせて読みたい
ワークシェアリングとは?概要・導入事例など徹底解説
ワークシェアリングとは?概要・導入事例など徹底解説皆さんは、ワークシェアリングという言葉を聞いたことがありますか?失業対策や働き方改革の一環として採用されていますが、そもそもこれはどんなものなのでしょうか?...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる