policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

1人暮らし 急病や怪我にあったらどう備えれば良い?【#7119】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

一人暮らしだと救急車を呼ぶのも大変

実家暮らしであれば、万が一病気や怪我などで家族が救急車を代わりに呼んでくれますが、一人暮らしの場合はそうもいきません。

確かに、実家暮らしでも家に自分しかいない時だと1人でどうにかしなければなりませんが、一人暮らしの場合は誰かが助けてくれる可能性は限りなく低いです。

救急車を呼ぶくらい簡単だと思うかしれませんが、いざ呼ぶ際にパニックになったりして冷静な判断ができません。

知識として救急車を呼ぶときの流れを知っておくだけでも全然違います。

万が一の急病や怪我に備えて覚えておこう

これ救急車呼んでいいの?迷ったら#7119

程度によっては救急車を呼ぶべきかどうか迷うことがあるかと思います。

救急車を呼ぶほどでもない、救急車を呼ぶのは気が引けると迷ったら「#7119」に電話してみてください。

「#7119」は総務省消防庁による救急安心センター事業の電話番号で、電話すると医師・看護師・相談員が相談に応じてくれます。

自身の症状を伝えると、応急手当の方法や受診手段について助言してくれて、緊急性が高い場合は救急車を出動できるように対応してくれるので、迷った際はまず「#7119」にかけましょう。

ちなみに24時間365日対応なのでいつでも受け付けています。

「#7119」について、この機会にぜひ覚えて活用してください。

玄関の鍵は開ける

救急車を呼んだ際は玄関の鍵を開けるようにしましょう。

当然鍵をしめていると救急隊員が入ることができません。

緊急時は鍵を開けるということまで気が回らないかもしれないので、先に鍵を開けるようにしましょう。

万が一鍵をしめた状態で意識がなくなってしまった場合、救急隊員は窓などを割って部屋に入ります。

そう考えると玄関のカギは開けておいたほうがいいですよね。

お薬手帳を忘れずに

まだ動けるようであればお薬手帳を用意するようにしましょう。

お薬手帳が見つからなければ、飲んでいる薬を書き出すなり、シートを机の上に出すなりしてください。

薬によっては、飲み合わせが悪く、病院で服薬できなくなる可能性があります

また、アレルギーなどがある場合は救急隊員に伝えたり、それができない場合は何かに書くようにしてください。

併せて保険証や現金を用意しておくと余裕ができます。

想定をしておこう

誰もが「自分は大丈夫だろう」と考えているものです。

しかし、万が一緊急事態に陥ってしまった場合は対応することができません。

「自分は救急車を呼ぶことにないだろう」と思わずに、万が一に備えて緊急時の行動を確認しておきましょう。

①119番にダイヤル(わからない場合#7119)

②「火事ですか?救急ですか?」と聞かれたら、「救急です」と答えます。

③住所、目印を告げます。

④事故や傷病者の状態を説明。

⑤通報者の氏名、電話番号を告げます。

⑥サイレンの音が聞こえたら、出来るだけ救急車を誘導してください。

指示されたことがあれば、そちらを行ってください。

⑦救急隊が到着したら、行った応急手当、容体の変化、傷病者の既往歴などを報告してください。

救急車の呼び方

まとめ

一人暮らしをする場合、緊急時にはどのように救急車を呼ぶか、その際の準備についても覚えておかなければなりません。

救急車を呼ぶような事態にならなければいいのですが、何が起こるか分からないので救急車を呼ぶことになった時にとるべき行動を頭に入れておきましょう。

上記で示したような準備や、#7119を頭に入れておいてください。

あわせて読みたい
職場におけるメンタルヘルスケアを解説【社会福祉】
職場におけるメンタルヘルスケアを解説【社会福祉】キーワード解説:メンタルヘルスケアストレス社会を生きる中でどのように向き合って行きてゆくべきなのでしょうか。最近よく聞くキーワード「メンタルヘルスケア」を解...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる