policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

【体験談】マルチ集団「環境」の幹部とバトってみた【マルチ商法】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
舞台は港区のタワマン。

10月某日、7時台の薄暗く海風の吹く中、policyのニート担当こと私、峰健二郎は港区の高層マンションの前に立っていた。

そのマンションは土地柄か妙に細長く、白いコンクリートとガラスでできた30階くらいの建物で、大きめのエントランスと入り口付近に植えられた樹木がありきたりなタワマンと言った感じだ。

僕はその時「ここに住むマルチ商法グループの幹部を倒してやる」という武者震いか、秋口の肌寒さのせいか、

少し震えていたのだった。

*マルチ商法(ネットワークビジネス)とは、よくわからん人からよくわからない商品を売らされる良くない商売のことです。人間版アリの縦社会と言ってもいいでしょう。下っ端は働きアリとして上層の幹部に金を送り続けるのです。始めると高確率で友達を失います。

マルチ商法を詳しく知りたい方はこちら

目次

事の発端

旧友からの急な連絡はだいたいマルチ。それか選挙。

ことの発端は、遡ること数日前。高校時代の親友たかし(仮名)から数ヶ月ぶりの連絡だった。

仕事の近況や身の回りの変化など、少し世間話をしていると、彼が唐突に

最近すごく尊敬できる人ができたから、是非峰にも会ってもらいたい!

と、言ってきたのだ。

たかしは高校時代からかなり真面目で頭が良く、ユーモアもあって人から好かれるタイプだった。

だけど、彼から人を紹介されたことはなく、少し妙に思った僕はもう少し詳しく話を聞いてみることにした。

いいけど、それってどんな人なの?

ゆきさん(仮名)って言って、年収5000万くらいの社長さん。
最近飲み会で知り合って、色々勉強させてもらってるんだ!

ゆきさんは、ある起業家グループの幹部の人で、
成功には人脈が不可欠だって言うから最近友達作りに励んでるんだよね!

おっ、ヤバそうな話だな

正直この話だけでは断定はできなかったが、僕の働きたくない故に常に張り巡らされている神経は、ゆきさんのヤバそうさを敏感に感じ取った。グループだの幹部だの、集団と縦社会を忌み嫌う社会不適合者特有の勘と言ってもいいだろう。

そうなんだ、その人何でそんな稼いでるの?

当然の疑問だと思う。現在日本人の平均年収は436万円。ちなみに僕の年収は0円だ。

日本人12人分の収入を稼ぎ出したかしから絶大な人気を誇る彼女は、一体何をやっているのか。

それはちょっとわからないんだよね。
だから、紹介するから今度一緒に話を聞きに行こう!

全然行くでしょ👍

正直本当にマルチっぽい話で、めちゃくちゃめんどくさかったが、たかしは腐っても高校時代の親友。

この目で見極めて、本当にやばいやつなら助けてやろうと思った。

こうして僕はマルチ商法グループの幹部との対談バトルに参戦することとなったのだった。

激闘!マルチ幹部とニートの口喧嘩

早速たかしに連れられ、マンションの21階の一室に向かう。ちなみに僕は常識を弁えているので、他人のお宅にお邪魔する時は必ず手土産を持参する。この日はじゃがりこサラダ味のロングタイプを持参した。

やっぱサラダ味よ。

21階に到着し、インターフォンをならすと若い女の声で「お入りください」と告げられる。

客だぞ、迎えろや…

なんて事僕は思っていない。迎えてくれなくたっていい、自由じゃないか。

失礼します!

と元気にエントリーするたかしに続いて僕もマンションの一室に足を踏み入れたのだった。

玄関から廊下に沿って行くと、4畳くらいの広さの一室にでた。簡単なキッチンが扉のそばにあり、窓際には4人掛けのソファーとガラス製のテーブル。その上にはビジネス書のようなものが置かれていた。

キッチンには20くらいの女の子が立っていて、こちらに会釈しながら食器を洗っている。インターフォンの声は、きっと彼女のものだろう。

部屋の真ん中に置かれた四角いテーブルにはパイプ椅子が4脚備え付けられていて、その上座でmacbookをいじりながら待っていた女が声をかけてきた。

いらっしゃーい!初めまして〜

この人がどうやら「ゆきさん」らしい。ここにマルチビジネス幹部とpolicyニート担当の邂逅が実現したのである。非歴史的瞬間だ。

ちょっと待っててねー、夜景でもみてて!

そう言って、「ゆきさん」はキッチンの方へ向かった。

写真はイメージ。実物は全然もっとしょぼい。

あれがゆきさん?

窓の外を眺めながらたかしに確認してみる。

レインボーブリッジが見えたが、渋谷生まれ渋谷育ちの僕にとってはなんのこともない。

そうだよ!ほんとすごい人だから紹介したかったんだ!

少し嬉しそうに言うたかし。紹介してくれるのは可愛い女の子にしてくれ。

お待たせー、夜景綺麗でしょ?

両手に持っていたグラスを置きながら、ゆきさんが話しかけてくる。

そっすね

僕には1ミリも刺さらなかったが、上京したての社会人や学生はあの夜景に憧れを抱いてしまうのかもしれない。

そんなことを思いつつ、ついに対談バトルの火蓋は切って落とされるのだった。

ラウンド1 お前何してんの?

イメトレは完璧だ。任せとけよたかし

さて、夜景観賞はそこそこに僕は早速勝負だ、とパイプ椅子に腰掛けた。

自己紹介を済ませ、ゆきさんのプロフィールとしてわかった事は

  • 現在43歳
  • 年収5000万
  • 既婚者・子供は無し

と言うことだった。

外見は、黒髪ロングで色白の痩せた女で、顔にいくつかのホクロが見て取れた。細い目に、薄笑いを浮かべた小さめの口が印象に残ったが、全体的には特に何も感じない良くいるタイプのおばさんといった雰囲気だった。

僕は早速彼女に質問を投げかけて行く。

失礼ですけど、ゆきさんは何をされている方なんですか?

私はね、今雑貨屋さんとIT企業の2つを経営してるんだよね

なるほど、一応実務は行っているようだった。

それぞれどんな業務を行っているんですか?

S川の方の雑貨屋さんでは和モダンの雑貨を売ってて、
ITの方はWebサイトの受託制作とかやってるんだー

和モダンってなんですか?近代的な和風のやつって感じすか?

まあそんな感じかなぁ、お箸とかお皿とか売ってるよー

へー、そしたらコロナで外国人減っちゃって大変だったんじゃないですか?

それがそうでも無いんだよねー、うちは一切売り上げ落ちてないんだー

…?でも主な客層は多分外国人ですよね?

他のお店はそうかもしれないけど、
うちは営業さんが優秀だから売り上げは超良好なんだよねー

…なるほどねー。ちなみにITの方は売り上げどんな感じなんですか?

ITの方も、営業さん達にサイト作ってあげたりしてるのもあって、売り上げ良好だよー!

うちは個別で契約してるから、社員さんとかはとってないんだよねー

へーけど、それで年収5000万も行くんすか?

まあそれだけじゃなくて、起業家サークルの講演料とかもあるかなー
いろいろやらせて貰ってるんだよねー

おーなるほどねぇ

正直引っかかるところは多かったが、この時点ではなんとも言えなかった。僕が知らない世界というのもきっとあるのだろうから。

ラウンド2 その「成功」ってどうやって掴んだの?

へー、ところでいつ会社起こされたんですか?

2年くらい前かなー、
それまではヨガの先生やってたんだけどそれからずっと経営者!

なんで経営者になろうと思ったんですか?

きっかけは全然大した事なくて笑
素敵な旦那さん見つけたいなと思って

で、その時知り合った経営者の人に話したら、じゃあ経営者になりなさいって言われてなったんだ。

人間的な魅力をあげればいい男は捕まるからって!
そしたらほんとにいい男と結婚できたの!

?人間的な魅力をあげればいい男が捕まるよ。
人間的魅力をあげるには経営者になるといいよ。って事ですか?

そういう事!

なんだか浅いなぁと思った。

そうアドバイスしてくれた人がいたんですか?

そう!アドバイスもだし、目標設定とか法人登記とかも全部してくれて!

私はその人から敷かれたレール通りに進んだだけで成功できたんだー

だからその人に従えば誰でも成功できるよ〜

んな馬鹿な話があるかよって。誰でも成功させることなんて孫正義でもギリ無理なんじゃないだろうか?

ゆきと話していると、不信感と苛立ちがましてくる一方だった。

ラウンド3 だけどさ、みんなが成功できるわけなくない?

「みんな成功する」は嘘。STAP細胞は無いのだ。

僕はここで少し反論してみることにした。

僕は、経営者ってある種才能がいるものだと思ってるんですよ。

人を引きつける力とか、先を見通す力とか、賢さとか決断力とか…
ほんと色々な物が必要だと思うんですよ。

仮にそれがあったとして、運や時代の流れもある。
誰しも成功できるなんてあり得なくないですか?

ううん、私はそうは思わないかな。
一生懸命努力してれば人は必ず成功できるんだよ。
私は本当に全然何もできない人だったけど
その人に言われた通りにしてたらこれだけ稼げるようになった。

それはあなたに才能があったというだけの話なんじゃないですか?
みんなが成功できるなら世の中ビルゲイツだらけでしょ。

ううん!私はほんとにその人に言われた通り、人間的魅力を磨いてただけ!人と知り合ったり、紹介したり、時間守るとか、礼儀正しくするとか基本的なことしかわからないよ〜

じゃあお前ただの礼儀正しいババアじゃねえか…

それのどこが経営者なんだろう?疑問しか湧いてこなかったが、どうやらゆきのバックにいる人がかなりのやり手らしいことはわかった。なので、質問を少し変えることにした。

そのアドバイスをくれた方はどう言った方なんですか?

その人はね、タンクトップ(仮名)って呼ばれてるんだけどもうめちゃくちゃすごい人なんだよ!

私たちのコミュニティで上のランクにいけば、その人の講演会を聴けるようになるんだよー!

ラウンド4 講演会ってなんだよ

教祖がフワッと浮くやつか?

いよいよ尻尾を出したな、といったある種手応えを感じつつ、質問を続けていく

その講演会ってなんすか?

講演会は、うちの会員だけが参加できる特別なイベントなんだよ!

そこで、成功体験とか成功者の思考法とか、情報収集の仕方とか聴かせてもらえるんだよねー!

あと成功者のメンタルを手に入れる方法とかを実践的に教えてくれるし、自己投資の仕方とかも全部教えてくれるんだよ!

それ聞いてどうするんすか?
成功体験聞いたからって全員がそういう状況になるとは限らなくないですか?何を売るのかとか、どこで売るのかとか。運要素も強いし。

そんなことないよー!
うちは講演会に参加できるランクの人にはファンがつくから
絶対成功するようになってるんだよ!

はい?

うちのコミュニティでは、私たちだけの独立した経済圏を確立してて
全員が幸せに暮らせるような仕組みになってるからねー

ラウンド5 それマルチじゃん。ア◯ウェイやん。

人は自分の意思で生きなくなった瞬間、死ぬのだ(byみね)

それマルチビジネスですか?アムウェイ的なことっすか?

あー…やっぱりそういう風に捉えられちゃう?まあ外の人からはそう見えるよねー

だけど、私たちはただ
全員が幸せになれる仕組みを作っただけなんだよねー!

でもさっき、講演会聴けるランクの人は成功が確約されるって言いましたよね?

うん

それってつまり、低ランクの人たちに自分たちの商品買わせて、
営業させてるって感じなんじゃ無いですか?

まあ、下積みってそういうものだと思う!営業力があれば人生絶対うまくいくし!

いや、それつまり高ランクの人が低ランクの人生食い物にしてるってことじゃないんですか?上の人だけが儲かるシステムでしょそれ。

そういう意味じゃない。人をどんどん紹介してランクあげれば成功できるってこと。意味全然違うよね?

いや、だから…

そもそも、彼らは自己成長のためにやってるんだよ?

たかしくんも、本当に変わったし。人を好きになったよね?

そうですね…

雰囲気が若干ピリついた。あ、この人は多分話の通じない人種だ。この時点でやっと察知することができた。

命は燃やしたくない!全肯定の呼吸!

やばいやつからは逃げるに限る

こうなったら命が危ない。僕はバチバチに闘うつもりだったけど、プランを変更することにした。

そう、ここから先は早く会話を終え、逃げることに特化した「全肯定」の呼吸だ。

  • マジスカ?
  • それスゴイっすね!
  • いやー流石だなぁ
  • うーん、勉強になる
  • はいはいはいはい
  • そうっすよねぇー

話が長くうざったい上司や先輩に悩まされている皆様には是非身につけて欲しい。

*ちなみに全肯定の呼吸を使う際は、使用中に聞いた話が全く頭に入ってこないという欠点があることも忘れてはいけない。ちゃんと注意や説教されている時は、使用は控えるようにしよう。

そういうわけで、僕とマルチ幹部との対談バトルはここで終わったのであった。

判定:峰ビビって敵前逃亡

次はボコってやる

とはいえ、「ゆきさん」は間違いなくマルチ商法の幹部だ。当のたかしには、しっかり言ってきかせました。

  • あれはマルチビジネスという、システムの上層の人間しか幸せにならないクソシステムだ
  • 新卒くらいの若者はカモにされやすいから気を付けて
  • あと、俺以外のやつを連れて行くと友達なくすから気をつけること
  • 早めに抜けること
  • 今抜けること

でも、なかなか納得してもらえませんでした、

いやあれめちゃめちゃマルチじゃん!やめとけやめとけ!
それにしても覇気のないおばさんだったな笑

ゆきさんのことをそんなに悪く言わないで欲しい…

ごめんて…

「いや、高校時代の親友よりよく知らんマルチの幹部の方が信頼あついのかよ…」と、若干辛くなりましたが、

それが彼らの巧妙な手口なのでしょう。いや恐ろしい。彼もいつかきっとわかってくれると思います。

マルチ商法集団の正体

今回の件、交わした言葉の中からいろいろ探って見たところ、どうやらこの組織っぽいです。

事業家集団(環境)の実態を暴露します!

気になる人はチェック!怖いので僕はあんまり触れないでおきます。

そもそもマルチビジネスって違法じゃないの?

マルチ商法は、売り物がある場合は違法にはなりません。要は営業代行のようなものでしょうか?

ただし問題点はもちろんあって、

  • 成功者(上位ランク)になれる確率が圧倒的に低いこと(0.04%とも)
  • 問題のある勧誘方法をとることがある
  • 多くの場合上層から商品を買わされ、それを売るように迫られるが、売れなければ買い取らなくてはいけない
  • 強引な勧誘で家族や友達を失う危険性がある
  • というかそもそも、そんな営業力があるなら自分で商売を始めた方が絶対にいい。

商材を用意せずただ儲け話を持ちかけてコミュニティに入るように迫り入会費をとり、その連鎖で儲ける「ネズミ講」違法行為として禁止されています。マルチよりも危険なので、少しでも怪しいと思ったら近づかないようにしましょう。

マルチ商法で幸せは掴めない。と、思う

景気が悪くなると、人々の不安につけ込んでこうした悪徳商法が元気になります。お金がなくて、うまそうに見える儲け話につられてしまう気持ちはわからなくもありません。

でもみんなに覚えておいて欲しい!

マルチ商法やってても絶対に幸せになれない!(全然個人の意見です。僕はいいと思います。以下全部僕の個人的な意見なので、「マルチ商法を今やってるよー!幹部だよー!」っていう人は見ないでください。)

幸せって、お金にある無しだけじゃなくて、どれだけ自分のやりたいことをやれてるかとか、大切な人と一緒にいられるかとか、目標をそういうことだと思うんです。

その点マルチを見てください。上層部のコマとなって、大切な人に売りたくもない物を売って、会いたくもない人と会って、最悪大切な人も売って。本当にそれが自分のためになってるんでしょうか?

それでもやりたい人はやったらいいと思います。違法ではないし。

「マルチが私のやりたいことだ!」と思う人も、それで充実感が得られるなら、やればいいと思います。

だけど、もしあなたが僕の大切な人だったら、僕は絶対に止めると思います。

だってきっと不幸になるから!(マルチの幹部の人へ:個人の意見です、僕はいいと思います。)

とにかく、誰かの甘い言葉にはきっと裏があるものです。

決断をするときは、自分の頭でしっかりと考えるようにしましょう。

以上、policyニート担当峰でした。みなさん手洗いうがいはちゃんとしましょう。では

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる