policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

【労働問題】雇用創出とは?雇用創出を1から解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

景気が急激に悪くなった時など、失業者の急速な増加を防止するために「雇用創出」が行われることがあります。

今回は、労働問題の一つである雇用創出について解説していきます。

目次

雇用創出とは

雇用創出とは、「新しい仕事の機会を生み出すこと」です。雇用創出によって、より多くの人が仕事にありつくことができるようになるわけです。

雇用創出の具体的手法としては、

  1. 新規・成長産業の振興
  2. 創業・起業の支援
  3. ワークシェアリングの促進
  4. 経済刺激策の実施などによる雇用機会の創出

などがあげられます。

雇用創出の重要性

では、なぜ雇用創出を行わなければならないのでしょうか?

それは失業者を減らすためです。

失業者が増えると、非常に多くの社会的デメリットが発生します。

また、地方においては人口流出に繋がってしまうと言った側面もあります。

人口が減れば過疎化が進み、周辺地域を支える施設や店舗等が減少し経済が悪化してしまいます。

地方都市においては、雇用創出は早急に取り組んでいかなければいけない課題でしょう。

「失業」の問題点が知りたい方はこちら!

【労働問題】失業者210万人!「失業」を徹底解説

仕事を「生み出す」人の育成を

今回は雇用創出を解説してきました。急激に経済が悪くなったときには頼りになる施策です。

ただ、失業者を減らすために行われる「雇用創出」は確かに必要ですが、もっと重要なのは経済活動が活発に行われるような社会を作っていくことでしょう。

その場限りの雇用創出ではなく、長期的に国民が仕事を生み出しやすくする社会づくりをして行くことが、これからの国家に求められる姿勢なのではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる