policy(ポリシー)の最新情報を確認しよう

【敗北宣言】アメリカ大統領選挙を決定づける歴代敗北者たちの演説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

敗北宣言がなぜ重要なのか

「4年に1度」と聞いて何を思い浮かべますか。

オリンピックでしょうか。閏年でしょうか。

しかし、間違いなくアメリカ人にとって最も大切な4年に1度は大統領選挙でしょう。

2020年11月3日(現地時間)にアメリカ大統領選挙の投票が行われました。

選挙の決着を象徴するのが敗北宣言です。

負けを認めた候補者が相手へ電話をかけその旨を伝え、さらに公の場でスピーチをするのが慣例となっています。

アメリカの大統領選挙は候補者の「敗北宣言」を受けて決着がつくのが通例です。

大統領選挙に敗れた候補者たちの「敗北宣言」を振り返ります。

クリントン氏「ガラスの天井は破れなかった」

2016年の大統領選挙に敗れた民主党のヒラリー・クリントン氏、ニューヨークのホテルで敗北宣言をしています。

アメリカ合衆国史上初の女性大統領が誕生するのか注目されましたが、あと一歩のところでドナルド・トランプ氏に敗れました。

以下、演説の内容の抜粋です。

本当にありがとうございました。

昨夜、私はドナルド・トランプを祝福し、私たちの国を代表して彼と共に働くことを申し出ました。
彼が全アメリカ人のために大統領として成功することを願っています。


私たちが望む結果ではありませんでしたが、努力の結果であり、私たちの価値観と展望のための選挙に勝てず残念に思います。
私たちが共に戦った、広大で、多様で、創造的で、活気に溢れた選挙戦に誇りと感謝を感じます。
国民のためにはアメリカの代表(候補者)となれたことは私の人生の最大の名誉の1つです。


(中略)


アメリカは想像以上に大きく分断しています。私はまだアメリカを信じています。
私たちはこの結果を受け入れ、未来に目を向けなければなりません。
ドナルド・トランプが私たちの大統領になります。


(中略)


私は信じるもののために戦ってきました。
そこには成功も挫折もありました。
正しいことのために戦うことは価値があるということをどうか信じ続けてほしいです。


初の女性大統領という最も高くて硬い「ガラスの天井」はまだ打ち破れていませんが、私たちが考えているより早く、いつか誰かがその天井を破ってくれるでしょう。

クリントン氏が敗北宣言 「ガラスの天井 誰かが破る」(日本経済新聞)
アメリカ大統領選挙2016(NHK)

2008年 オバマ氏に負けたマケイン氏

共和党マケイン氏は、2008年の大統領選挙でバラク・オバマ氏に敗れました。

際のスピーチで、初のアフリカ系アメリカ人の大統領の誕生を祝福し、支持者たちに協力を求めています。

オバマ氏を祝福し、この国の繁栄のために次の大統領に善意を送ります。
異なる意見を持ちながらも譲り合い、妥協点を探して協力してください。

どんな違いがあっても、私たちは皆アメリカ人です。

(中略)

今日、どんな夜よりもアメリカ合衆国への愛を強く感じています。

また、私とオバマ議員どちらを支持していたとしても、分け隔てなく、国民ひとりひとりへの愛を感じます。
私にとっての昨日までの対立相手であり、私の大統領となる人に、神のご加護を祈ります。

マケイン氏は32年間議員を続け、2018年になくなりました。

アメリカ大統領選挙:敗北宣言、かくあるべし。(YAHOO! ニュース)
ジョン・マケイン氏の敗北宣言、時を超えて話題に。「どんな違いがあろうと、私たちは皆アメリカ人」(2008年大統領選)(HUFFPOST)

1980年 カーター氏「民主主義を讃える」

1980年、現職で民主党のカーター大統領が共和党のロナルド・レーガン氏に敗れました。

カーター氏は、自由意志で代表を選べるアメリカの民主主義を「国民が自分たちの意思によって選ぶことができる」と賞賛しました。

この結果が辛くないということはできません。

しかし、アメリカの人々が決めたことを私は受け入れます。
次の4年間のリーダーを自分たちが自由に選ぶことができるこのアメリカ合衆国のシステムに、謝意しています。

私はレーガン知事(当時カリフォルニア州知事)に電話をかけ、彼の素晴らしい勝利を祝福しました。

1960年 ニクソン氏「ケネディ大統領のために団結しよう」

民主党のジョン・F・ケネディ氏に敗れたリチャード・ニクソン氏(共和党)も記憶に残る敗北宣言をしています。

このままいけば、時期大統領はケネディ氏です。
我々は、選ばれた人の後ろで団結しましょう。

私はケネディ氏を心から支援します。

この名演説をしたニクソン氏は8年後、大統領選挙で当選を果たしています。

敗北宣言の起源は?

初めて相手に通信手段を使って敗北を相手に直接伝えたのは、1896年の大統領選挙で敗れたブライアン氏です。

当時はまだ電話は主流でなかったため「電報」という形で敗北の胸を伝え、勝者のマッキンリー氏を祝福しています。

ジョーンズ議員から、マッキンリー氏の勝利をを聞きました。祝福の言葉を早く伝えたいと思いました。

以来、敗れた候補が勝者(次期大統領)へ敗北を認めるのが慣例となっています。

初のテレビ中継での敗北宣言

科学技術が発達すると、時代の変化に合わせて通信手段も変わっていきました。

電報からラジオへ、ラジオからテレビへと変わっていきます。

最近では各テレビ局がTwitterやFacebookなどのSNSを使って速報を伝えています。

ちなみに、敗北宣言がはじめてテレビ中継されたのは、第二次世界大戦後の1952年のことです。

アイゼンハワー氏に敗北したスティーブンソン氏はこのような敗北宣言をしています。

アメリカ国民は決定を下しました。
私はその結果を喜んで受け入れます。

投票日まで激しく闘うことが伝統です。また、国民が結論を下したら闘いを終えるのも、同じく伝統なのです。

2020年大統領選挙の敗北宣言は?

2020年の大統領選挙では、民主党のバイデン氏が過半数の選挙人を獲得し勝利したと伝えられています。

しかし、トランプ大統領が不正投票が行われた可能性に言及し、敗北宣言はまだありません。

法廷での争いとなりどのような結果が待っているのでしょうか。

また、その場合敗北宣言はどちらの候補がするのでしょうか。

アメリカ大統領選で敗者は何を語ったのか 歴史に残る「敗北宣言」を見る(BuzzFeed News)

あわせて読みたい
【アメリカ大統領選挙】5分でわかるバイデン氏の政策
【アメリカ大統領選挙】5分でわかるバイデン氏の政策【キーワード解説:ジョー・バイデン】https://twitter.com/JoeBiden/status/1316513615373987840本名:ジョー・バイデン経歴出身:ペンシルヴァニア州スクラントン出身...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる