コラム

夫婦別姓の解決策(By タカジュン)

タカジュンが支持する夫婦別姓の解決策

今日は「選択的夫婦別姓」の問題についてのお話です。

夫婦別姓は認められるべきだと思います。
選択的夫婦別姓が認められないことのデメリットは多くあります。

夫婦別姓とは何か、詳しくはこの記事をご覧ください。

【選択的夫婦別姓とは】憲法との兼ね合いは?徹底解説「選択的夫婦別姓」この言葉をご存知でしょうか。現行の法制度では夫婦は男性側か女性側、どちらかの姓を名乗らなくてはいけないと決められています。そのため法改正をして同姓にしても良いし、別姓にしても良いという選択肢を設ける事が夫婦別姓の考え方です。...

夫婦別姓訴訟を起こした青野社長

夫婦別姓が認められない問題点を指摘し、夫婦別姓の訴訟を起こしたのがサイボウズの青野社長です。

青野社長は、国に対する損害賠償を求めました。

しかし、東京高裁の判決では「戸籍法の規定に合理性はある」という判決を下されました。

・現行制度ではそのような事態は予定されていない

・外国人との結婚には民法が適用されない

上記を根拠とし、「合憲」という判断が下されたのです。

しかし、前述した問題が多発している昨今、東京地裁の判決が時代に適しているのか疑問は残ります。

裁判後の青野社長の記者会見によると、裁判中、国は夫婦別姓は法律上の氏が2つになってしまうからダメだと主張しています。

しかし、外国人と結婚した日本人が戸籍上外国の姓に変えたとしたら、法律上の名前が2つある事になってしまい、これに対する明確な返答が得られていないと青野社長側は主張しています。

現在、青野社長は「見事にスルーされた」とし、上告して国に対し挑戦続ける姿勢を示しています。

タカジュンが支持する夫婦別姓の解決策

タカジュンが支持する選択的夫婦別姓の解決策を紹介します。

それは、戸籍に両姓を併記する方法です。

戸籍廃止論」は分かりやすく一理あると思いますが、主に自民党の保守派を中心に「家族の一体性」を重視した反対論が根強く、合意に至るのは困難です。

とはいえ、自民党の解決策である通称使用の拡大もややこしく、サイボウズの青野社長や親権の問題のような、ポツリポツリと出る通称使用で発生する問題に対していちいち解決策を議論し考えなくてはならなくなります。

変化の激しい現代において対応できる策とは思えません。

そこで、革新的な考え方をする野党勢力と通称使用という消極的な考えをする自民党が合意できる可能性のある案が戸籍への両姓併記なのです。

婚姻後も夫婦別姓を望む者には旧姓を併記し、公的書類で旧姓の使用を認めます。

両姓併記というと逆にややこしいと思われるかもしれませんが、これから更に抱えるであろう夫婦別姓を認められない事による弊害を一個一個モグラ叩きのように潰していくことは、役所に負担を掛け、容易には叩けないモグラに国会の時間を何時間も費やす事になってしまいます。

結婚した後は、姓が変わった場合でも旧姓の使用を選択した場合には旧姓しか現実では使用できない事にします。

そうすれば、いっそ戸籍に両姓を併記してしまってどちらの姓を使うか選択できる環境にした方が通称使用よりややこしくないと考える事ができるのです。

戸籍にさえ、同姓になったという記載があれば「家族の一体性」は完全な夫婦別姓よりかは遥かに守れるでしょう。

もちろん、夫婦別姓を選ばない夫婦はそのまま、夫婦どちらかの姓を名乗れば良いのです。

「選択的夫婦別姓」を認めるべきだ

選択的夫婦別姓について、訴訟問題や解決策を述べてきました。

最後に自分の考えを述べると、まずもって選択的夫婦別姓は「認めない理由がない。」というのは大きいと思います。

強制で夫婦別姓にするのではなく選択的なのですから、同姓にしたい人はすればいいというだけの話。

国連加盟国の中で夫婦別姓が認められていない国が数カ国である事を考えると、実務的なハードルもあるはずがありません。

つまりは、夫婦別姓に対しての「無知」からくる精神的なハードルだけなのです。

自分は戸籍廃止論には理解を得にくいという意味でも慎重ですが、間を取った両姓併記であれば合意形成はしやすいでしょうし、即刻議論しなければならない段階にきていると考えます。

【5分でわかる】最低限知っておきたい「高齢化・人口減少」現在、日本全体の人口は8年連続で減少しています。この先日本のみならず、世界的に高齢化社会が加速する見込みです。どのような対策が求められるのでしょうか。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
タカジュン
タカジュン
本名高野純市。政治の情報を毎日発信する学生ツイッタラー。青山学院大学在学。WEBメディアでの民間経験を経て、政治家の事務所インターン生に。その後、WebメディアPolicyを立ち上げ。政党学生部部長。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。