コラム

【自民党総裁選】有力候補の菅官房長官の政策とは?(By ナミ)

【自民党総裁選】有力候補の菅官房長官の政策とは?


パンフレットの分析

岸田さんの「分断から協調へ」や石破さんの「納得と共感」のスローガンを比較してみると、菅さんのスローガン「自助・共助・公助、そして絆」はパッと見たら少し理解しにくい。
政策そのものに関しては岸田・石破さんに比べると大差はないが、内容は薄く、あまり具体的でなくて、少し物足りないと感じた。
ただ、これは安倍路線を引き継ぐから敢えて書く必要はないと捉える事もできる。また、書かれている事は簡潔なで読みやすい。
政策の背景として、自身の経験や実績を含めている。岸田・石破さんの政策では見られないものであり、菅さんの経験豊富さが伝わってくる。
長い間内閣官房長官を務めていたので、岸田・石破さんに比べると知名度はありそうだが、パンフレットに自身のプロフィールを含んでいる。

「ふるさと納税を創立」や「新元号令和を発表」と誰でも知っているものを入れることで、自分の認知度を高め、有権者との距離を縮めようとしている。因みに岸田・石破さんはパンフレットに自己紹介的なものは書かれていない。

女性の社会進出に対して「女性が活躍できる環境の実現」とだけが書かれていたが、女性の私からすれば非常に曖昧で具体性がなく、ガッカリした。
LGBT、選択的夫婦別性制度、外国労働者の受け入れなどの多様性について一切触れられていない

パンフレットで触れられていないもの

多様性を認めるもの(LGBT、選択的夫婦別性制度、外国労働者の受け入れなど)
岸田:差別のない多様性と個性を重んじる社会と多様性を認める包容力ある社会の形成を
石破:すべての人が多様な生き方を楽しみ、すべての人が幸せを実感できる令和新時代の実現

地球温暖化対策
岸田:再生可能エネルギーの推進や環境に優しい素材開発などの地球温暖化・エネルギー対策を柱に含め、経済社会の持続可能性を増す取組みを進める
石破:脱炭素化・再生可能エネルギーを原動力とするエネルギーの地産地消

AI・5G
岸田:5Gの地方からの早期全国展開をはかり、AI・量子・宇宙・海洋等におけるイノベーションを強力に推進
石破:AIの研究支援、医療・介護分野においてAIとデータなどITのフル活用

最後に

菅さんは安倍路線を継承する事を明らかにしているので、もし首相になってもやる事が安倍政権と比べあまり変わらないだろう。

だが、女性の社会進出、地球温暖化、少子高齢化などの課題は依然と残っており、仮に菅さんが首相になった場合これらの課題に対してどう取り組み、今後どう解決するのかにも注目だ。

【自民党総裁選】非世襲・非官僚のたたき上げ政治家 菅義偉(By TAKUYA)先月、安倍首相が辞任を表明された。その後、総裁選を巡る動きが活発になり、石破元幹事長、岸田政調会長、菅官房長官の3人が有力候補となっている。その中で、5派閥と菅グループが支援する菅義偉官房長官が最も有力とされている。今回は、話題の菅義偉さんを取り上げる。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ナミ
ナミ
日本生まれだが人生の大半をアメリカ、ドイツ、イギリスで過ごす。そのせいか自分のアイデンティティがまだよく分からない女子大生。現在はイギリスの大学で政治経済を学び、ツイッター(@Youth18Politics)で呟く。趣味はサッカーとドイツのラジオを聞く事。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。