コラム

現地からみるブレグジットの進展(By ナミ)

ブレグジット

現地から見るブレグジットの進展

背景

イギリスのEUとの関係は、長年論争の的となっています。その主な理由は、EU法で移動の自由が可能になっている、EU圏内からイギリスへの移民の流入です。年間何万人単位でEUから移民を受けれていた事に対して、「イギリスらしさが失われる」だったり、「EUのルールに縛らずに自分たちの事は自分で決めたい」という声が高まり、2015年のイギリス総選挙では、反EUのイギリス独立党(UKIP)が13%の票を得ました。 イギリスのEUとの関係について否定的な声の高まりを無視することはできず、2期目の首相に選出されたデービッド・キャメロンは2016年にEU離脱の是非を問う国民投票の実施を約束しました。しかし、EUに残りたいキャメロン首相の思いとは裏腹に、離脱を支持する人が51.9%の票を得て、EUから離脱する事が決まりました。 この国民投票はイデオロギーの違いだけでなく、田舎と都会での相違も反映しています。

ブレグジットの影響

EU離脱したことで、イギリスは経済的に大きなダメージを負いました。イギリスがEUをどのように離脱するのかという不確実性は、GDP成長率の低下だけでなく、度々起きるポンドの急激な下落の原因となりました。さらに、日本の企業などがイギリスでの事業を撤退または縮小し、逆にヨーロッパでの事業を拡大する傾向にあります。EU離脱でイギリスはEUの一員として受けていた恩恵がなくなり、イギリスへの投資の減少にも繋がりました。離脱した事でイギリスは各国と自由に貿易協定を結ぶ事はできますが、締結までには一般的に約2年ぐらいかかるので、EU離脱での投資や労働力の損失をすぐに埋め合わせることはできないでしょう。

予想しにくい今後の展開

現在、イギリスはEU離脱をスムーズに進める為に、EUをすぐに離脱せずに、一年という期間でEUと新たな協定の交渉をする移行期間に入っています。しかし、交渉は貿易などの面でEUとイギリスの違いが浮かび上がり、行き詰まっています。また、コロナウイルスの影響で新協定の交渉が若干後回しされたせいで、お互いに溝を埋める事をできず、貴重な時間だけが過ぎていきました。今年の6月の終わりにイギリスは移行期間を延期する事ができましたが、何がなんでも来年EUを離脱すると公言していたジョンソン首相が延期を要請する事はありませんでした。

ブレグジットがイギリス国内で混乱を招き、さらなる分裂につながったので、EU離脱の問題をできるだけ早く終わらせ、先に進みたいという風潮が高まっています。多くの人はイギリスがEUと新協定を結ぶことを望んでいますが、ブレグジットに対するジョンソン首相の「Do or Die」という態度や、何がなんでもイギリスの主権を守りたいという政府の姿勢では妥協の余地はほぼありません。来年の一月まで約半年の移行期間が残っているものの、EUとイギリスが新協定を締結する可能性は低いと言われています。しかし、イギリスのEUからの新協定を締結できなかった場合(合意なき離脱)コロナウイルスの影響に苦しんでいるイギリス経済をさらに悪化させる可能性が大いにあるため、新協定の締結を交渉する際にイギリスは妥協する可能性もあり得ると思います。

最後に

コロナウイルスの流行により、ここ数ヶ月の間イギリスではブレグジットは多少忘れられていましたが、今のところイギリスの合意なき離脱が一番有力視されています。イギリス合意なき離脱をした場合、輸入品の価格の上昇と薬や生鮮食品の供給不足が予想されていて、これからイギリスで大学生活を始める私は不安しかありません。ですが最も残酷な部分は、私たちにできることはもう何にもないということです。

日本 政治
何故日本の若者は政治に興味を持たないのか(By ナミ)最近まで日本の政治に興味を持たなかった私。何故若者が政治に興味を持たないのか、自分の長い海外経験や思う事を交えて述べる。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ナミ
ナミ
日本生まれだが人生の大半をアメリカ、ドイツ、イギリスで過ごす。そのせいか自分のアイデンティティがまだよく分からない女子大生。現在はイギリスの大学で政治経済を学び、ツイッター(@Youth18Politics)で呟く。趣味はサッカーとドイツのラジオを聞く事。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。