コラム

キャッシュレス社会を目指そう(By タカジュン)

キャッシュレス社会を目指そう

みなさんは支払いをする際、現金を使いますか?それともクレジットカードを使うでしょうか。
今世界中でキャッシュレス社会化が進んでいます。現金を使わない支払い方法のこと(クレジットカード、電子マネーなど)です。

日本ではさまざまな理由からあまり浸透していません。

「キャッシュレス決済」何が良いの?

キャッシュレス決済にはメリットが多くあります。

まず、現金の輸送コストが削減出来ます。大量の現金は当然重く車での輸送が必須です。また、防犯上複数人で輸送しなければなりません。
決済をキャッシュレスにしてしまえばこの問題は解消されます。
それに伴って人件費の削減にもつながります。

さらに、キャッシュレス決済によって海外での買い物もしやすくなります。
いちいち海外の通貨に両替所で両替する必要はありません!(手数料、結構取られるんですよね)

キャッシュレス決済なら盗難にあってもカードを止めてしまえば不正利用を防げるのです。万が一使われたとしても、履歴を辿ればすぐに足がつきます。

浸透してキャッシュレス社会が実現すれば多大な経済効果が見込まれるのです。


ATMも顔認証を導入

昨年秋、セブン銀行が顔認証技術に対応したカメラを搭載した新型ATMを活用し、口座開設時の本人確認手続きを効率化する実証実験を都内で始めました。将来的には全国での展開を予定しています。
ATMの前に立ってスキャナーに運転免許証をかざすと、カメラが顔画像を撮影しスキャナーが読み取った顔写真と照合します。

一致するとQRコードが発行され、スマートフォンで読みとりWeb上で個人情報を入力すると申し込みが完了する仕組みです。

カメラやスキャナー、QRコードリーダーなども搭載されています。
まだ銀行との合意が取れていないため実現していませんが、支払いの際に銀行口座からモバイル決済サービスの残高をチャージすることも技術的には可能です。

キャッシュレス社会化は急務

自分も現金を使わずクレジットカードやLINE Payを利用しているのですが、ポイント還元制度もあっておいしいこともたくさんあります。
昨年はラグビーワールドカップが開催されました。コロナの影響でどうなるかわかりませんが、2021年にはオリンピックが控えています。
キャッシュレス決済に慣れている外国人が日本で「現金しか使えない」という不便を被ることのないよう、国を挙げての取り組みの真っ最中なのです。

それに合わせて民間も活発に動き出しており、今回の顔認証システムを利用した新しいATMの導入でさらに加速することでしょう。
キャッシュレスの経済効果は4兆円と試算されており、キャッシュレスは手軽なだけでなく各産業でのコストカットができるという大きなメリットがあります。

もちろんセキュリティ面の徹底は必要ですが、欧米や中国に先を越されてしまっているのが現状。

海外のケーススタディはいくらでもある訳で、それを参考にすれば開発と利用促進は難しくないはず。

国を挙げてキャッシュレスを推進するのは急務で、むしろ遅いくらいなのです。

消費増税
【5分でわかる消費税】意外と知らない変更点と増税派・減税派それぞれの主張2019年秋に消費税が10%に引き上げられました。また、食料品に関しては引き続き消費税8%が適用される「軽減税率」が導入されています。そんな「消費税」のシステムや、今話題の「キャッシュレス決済」のメリットも紹介しています。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
タカジュン
タカジュン
本名高野純市。政治の情報を毎日発信する学生ツイッタラー。青山学院大学在学。WEBメディアでの民間経験を経て、政治家の事務所インターン生に。その後、WebメディアPolicyを立ち上げ。政党学生部部長。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。