コラム

コロナ禍の今、「自殺」について考える(By タカジュン)

コロナ 死にたい

コロナ禍で「自殺」を考える(By タカジュン)

「死にたいなら1人で死ね」という言葉がSNSやワイドショー等で物議を醸したことを覚えていらっしゃるでしょうか。

「電車に飛び込む」「ビルから飛び降りる」これは多くの人に迷惑がかかる(場合によっては巻き込んでしまう)から、死にたいなら他人に迷惑をかけずに1人で死ねば良いということです。

「その通りだ」という声や「自殺を煽る無責任な言葉だ」と論争を呼びました。

以前、個人ブログでもこのことを書きました。

今日は「自殺」について、自分の思ったことをちょっとだけ言いたいと思います。

「失業率」と「自殺者」

厚生労働省のデータによると、2018年の日本における自殺者は20840人です。

1日あたり57.1人、つまり30分に1人以上が自殺していることになります。
人口における自殺率は世界13位です。
(不名誉ながらも自殺大国の1つ、という位置づけになってしまいます)

少し前の話になりますが、線路に飛び込んで自殺する人がワイドショーなどで取り上げられた際、「自殺」についての議論が勃発しました。

中には、「死ぬなら誰にも迷惑をかけずに死ね」という意見もありました。少し前に話題になった「1人で死ね」という発言で賛否両論が別れた出来事です。

失業者が増えると自殺者も増えるというデータもあります。

コロナ禍で経済が低迷する中、会社の倒産なども相次ぎ失業者が増えつつあります。

「コロナ経済」と「自殺」は切ってもきれない関係にあると言っても良いでしょう。

「1人で死ね」は無責任だ

人間って追い詰められると本当に「全て」を壊したくなるんです。

タカジュン自身も、いろんなことが嫌になった時期があります。
そんな時、人間は「全て」を壊してでも自分を向いて欲しいと思うようになる生き物です。

強い自己嫌悪と虚無感の果ての絶望、それでも、「一人で死ね」と”わざわざ”全世界に向けて拡散する必要がありますか?

自分は「1人で死ね」なんていう無責任なこと、絶対に言えません。

いじめ
学校内のいじめも立派な「犯罪」である(By タカジュン)学校内のいじめも立派な「犯罪」である 教諭による「いじめ」 小学校の教諭が同僚に激辛カレーを無理やり食べさせられている画像が拡散され...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
タカジュン
タカジュン
本名高野純市。政治の情報を毎日発信する学生ツイッタラー。青山学院大学在学。WEBメディアでの民間経験を経て、政治家の事務所インターン生に。その後、WebメディアPolicyを立ち上げ。政党学生部部長。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。