コラム

何故日本の若者は政治に興味を持たないのか(By ナミ)

日本 政治

何故日本の若者は政治に興味を持たないのか

私も最近まで日本の政治に興味がなかった

よく日本では若者の選挙での投票率が他の国と比べて低いと言われています。主な理由としては、若者が政治に興味が無いことが挙げられています。では何故このような事態になったのか、最近まで日本の政治に興味がなかった私がその理由とそれに対して考える事を書いてみました。

政治は自分の生活に大きな影響を与えない

個人的にはこの気持ちは理解できます。やはり、日本みたいな平和な国だと首相や与党が変わったとしても戦争などが起こる可能性は非常に低いですし、別に政治に参加しなくても日本が劇的に変わる可能性も低いと思います。ですが、消費税が10%に上がったり、職場での人手不足、少子高齢化が進んでいる事などは誰もの生活に影響を与えると思います。また、今流行っているコロナウイルス対策に政治は影響しています。コロナウイルスの影響で収入が減った人は沢山いると思いますが、国や県から十分な支援を受けられましたか?政府のコロナウイルスの対応に満足していますか?コロナウイルスの流行は政治や政策がどれくらい人々の生活に影響を与える事ができるのかを実感する機会だったと思います。ですが、政治家は本来国民の代表です。選挙で投票する事は、自分の意見を表明する事でもあります。「現在の政治が自分の生活に大きな影響を与えないから、政治に興味を持たなくていい」と考えるのではなく、今の自分の生活に更によくする為に政治に参加したり、選挙で投票してみてはどうですか?将来、損や後悔しない為にも。

私の経験

2015年難民危機に対してメルケル首相は難民を受け入れる姿勢を明らかにし、その年だけで100万人の難民がドイツに到着しました。近くの町の建物は避難所になり、当時ドイツに住んでいた私は難民をよく見かけるようになりました。このメルケル首相の決断は人々の生活に大きな影響を与えました。私も政治は他人事ではないと痛感し、以後政治に興味を持つようになりました。このように身近に起きた事をきっかけに政治に興味を持つのはとてもいいと思います。

日本の政党がややこしい

これも理解できます。実際に日本の政党は解党と結党を頻繁に繰り返すので、政党の名前や代表の名前、そして政策などを一々覚えるのがめんどくさいと思うのは自然だと思います。実際に今の政党を見ると、野党の立憲、国民民主、日本維新、れいわ、N国はこの5年でできた比較的新しい政党です。このように日本の政党をややこしくしたのは政治家である一方で、有権者の私達に政治や政策に興味をもってもらう為に結党した政党もいると思います。ですから、今の私達にできることは少しずつ新しい政党について調べる事です。新しい政党だからといって、政策が立派では無いという事でも無いし、政治家としての経験が無いという事でもありません。もしかしたら、新しい政党だからこそ価値観が合う政党が見つかるかもしれません。日本の政党が色々ややこしい事は理解できますが、我々有権者の為を思って解党や結党している政党はいるので、少しずつ政党の政策などについて調べる事で選挙での選択肢が増えるので必ず自分の為になります。

私の経験

私は今まで、日本、アメリカ、ドイツ、イギリスに住んでいて各国の政治情勢などを把握していますが、政党の解党と結党が頻度は日本が断トツに多いです。個人的には何故日本ではこんな頻繁に解党や結党をする理由は分かりませんが、正直に言えば覚えるのが色々ややこしくなるので出来るだけ解党と結党を頻繁に繰り返して欲しく無いです。ですが、恐らく自民党と同じぐらいの力を持つ政党が現れるまでは起こり続けると個人的に予想しています。

政治不信

最近では河井前法相夫妻が参議院選挙で地方議員などにお金を払い、買収した疑いで逮捕されましたが、これまで政府に関する疑惑は沢山あります(桜を見る会、森友・加計問題、IR汚職事件など)。「政治家のスキャンダルが度々起こるから、政治不信になる」と思うのは理解できますが、これまで疑惑がある度に少数の人しか声を挙げなかったから、何にも変わりませんでした。ですが、大勢の人が声を挙げれば変化が起こることが可能だと「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグで証明されたと思います。次からは政治不信になる前に、あなたの不満を伝えてみませんか?何か変わる可能性があるかもしれないので。

私の経験

海外では政治家のスキャンダルがある度、不満に思う人は必ず抗議しています。デモに参加したり、請願書に署名したり、様々な方法で自分の不満を表します。また、「何事もやってみなければ分からない」という感覚が海外ではあるので、勝算がない事を諦めがちな日本とは政治に対する大きく態度が違います。今の政治家に対して多少の政治不信はありますが、それに対して何にもしなければ、変化はおきません。だからこそ、私は積極的に自分が思った事をツイッターで発言したり、友達ともそれについて話すようにしています。誰もが思った事を周りから変な目でみられずに訴えれる、そのような社会に日本にもなって欲しいです。

政治は理解しにくい

政治は理解しにくいですが「全て理解していないと政治に参加できない」、という考えは違うと思います。政治は国政だけを指すのではなく、町政、県政など身近な政治もあるので、誰でも参加しやすいと思います。ですが、政治は変わりやすいものであり、「理解するのが難しい」と思うのは分からなくはありません。ですが、政治を理解しようと努力しない限り、政治を理解することはできません。「政治の事が分からないから、政治に参加しない」と決め付ける前に、政治の事を理解するように試みてください。例えば最近ニュースになった政策や政治家の事をヤフーやツイッターで検索してみるなど。このような政治を少しでも理解しようとする姿勢は非常に大切です。政治を全て理解しなくても、いいんです。政治の一部のことに興味を持つだけでも、いいんです。「政治は理解しにくい」と決め付ける前に是非一度政治について調べてみてください。そうすることによって、政治に対する印象は変わるかもしれません。

私の経験

私はドイツに住んでいた頃に難民危機に関心をもち、色々調べていくうちに自然と政治に興味を持ち始めました。政治は理解しにくいところもありますが、わかりやすく解説するメディアや政治家はいるので、政治は理解しにくいとは思いません。海外の友達で政治のことは自ら調べる人が多いので、日本でも将来そうなって欲しいです。

最後に

少し長めの記事になってしまいましたが、一つのことだけでも内容に共感してもらえたなら嬉しいです。近いうちに、どうすれば若者の投票率が上がるのか、という記事を書きたいと思うのでその時も読んでもらえれば幸いです。

選挙ボランティア
選挙ボランティアを通して、政治に無関心だった人間が変わった瞬間(By Yuta)東京都北区で行われた東京都議会の補欠選挙に「選挙ボランティア」として参加しました。「政治」に全く興味がなかった私が「投票」に行くことの大切さを学んだきっかけをお話しします。...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
ナミ
ナミ
日本生まれだが人生の大半をアメリカ、ドイツ、イギリスで過ごす。そのせいか自分のアイデンティティがまだよく分からない女子大生。現在はイギリスの大学で政治経済を学び、ツイッター(@Youth18Politics)で呟く。趣味はサッカーとドイツのラジオを聞く事。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。